第1回オハナ家族のつどい

昨日は、「第1回オハナ家族のつどい」を開催いたしました。

 

初回の第1回目は、まだ初対面のご家族様がほとんどでしたので、

 

まず皆様で自己紹介からはじめました。

 

その後ご家庭の中で誰を介護しているか、そしてその方が認知症と診断もしくは

 

認知症であることが分かった時の気持ちから、どのようにして認知症を受け入れられる

 

ようになったかを、お1人ずつ語っていただきました。

 

最初に認知症では?と気付いた時から、症状が進行し様々な苦労をしてきたか、

 

皆様それぞれの体験・思いを語っていただけました。

皆様それぞれ介護をしている方は、ご自分の配偶者であったり、親であったり、

 

姑、舅、またご自分の子供であったり様々でした。

 

相手との関係性や立場が様々であるように、

 

相手が認知症と分かった時の受け止め方も人それぞれでした。

 

それでも皆様共通して感じたことは、

 

「皆同じなんだ」

 

「皆同じ苦悩や悲しみを持っているんだ」

 

ということだと思いました。

 

認知症を受け入れるにあたって、様々な葛藤を繰り返し、

 

認知症の症状が進行するごとに、また葛藤は続くことを、

 

皆様同じ立場で、同じ悩みを持っていると言う事を皆で共感できて、

 

自分だけではないんだ、これでいいんだ、という気持ちを持てたのではないかと思います。

 

 

 

葉山オハナ デイサービスセンターはお蔭様で、

 

この9月でオープンして半年がたちました。 

 

「認知症があっても住みなれた地域でいつまでもその人らしく」

 

というモットーを掲げてデイサービスを運営してまいりましたが、

 

そのモットーを実現するためには、利用者様と同じように、

 

ご自分の生活や仕事をこなしながらも、介護をしているご家族様への

 

支援も必要だと感じ、今回の「家族のつどい」や「宿泊サービス」を

 

開始させていただきました。

 

 

 

今回のつどいの中で共通してお話にでてきたことの一つに、

 

その場の受け答えはしっかりしているし、みかけは全く普通なので、

 

他人に自分のつらさや悩みを分かってもらえない、ということがありました。

 

何をしてあげてもすぐに忘れてしまうし、

 

他人やたまに来る親類にはその場の会話は普通にできるので、

 

そこまで介護が大変だと分かってくれない。

 

介護ってほんとうに報われないですね、と言ってくださった方もいらっしゃいました。

 

この報われない気持ち、

 

認知症のある方を介護するご家族様は、この報われない気持ちの連続ではないかと

 

思います。

 

でも実際にご家族を介護した経験がある方なら、

 

「そうそう」って気持ちを共感することができると思います。

 

そういった気持ちを同じ立場にある人たちに聴いていただき、皆で共感し合えることで、

 

明日への介護につなげていけるのではないかと思います。

 

そして、介護で行きづまる時や、気持ちがめいってしまう時も、

 

分かってくれる仲間がいるんだ、心配して気遣ってくれる人がいるんだ、

 

ということを忘れずに、日頃の在宅介護を続けていただきたいと願っております。 

 

 

 

柴田yas

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    マダムM (火曜日, 27 9月 2011 21:24)

    初めての家族会ができて本当によかったですね。
    皆さま、お互いに共感しあってどんなにか有意義な時間を過ごされたことでしょう。
    「認知症があっても住みなれた地域でいつまでもその人らしく」の
    モットーはすばらしいですね。
    これからも良い働きを応援します。

  • #2

    柴田yas (水曜日, 28 9月 2011 07:57)

    マダムMさん
    コメントありがとうございます!
    同じ立場の皆様で、気持ちを語りあうことが
    いかに大事か、あらためて分かりました。
    これからも定期的に開催していきたいと思います。

  • #3

    田中 (月曜日, 24 10月 2011 16:11)

    家族の集い!!
    コレすごく良い事です^^b
    デイサービス責任者の頃に上に提案した事がありますがやはり大きな施設では困難なのでしょうか・・・却下されたのを思い出しますTT。TT

    まさに理想の施設を目指してますね^^b
    うらやましい^^

  • #4

    柴田yas (火曜日, 25 10月 2011 21:42)

    田中さん
    コメントありがとうございます!
    却下されちゃいましたか(^_^;)
    大きい施設ですと、なかなか全体の行事イベントとかのバランスとか
    もあるのかもしれませんね。
    でも田中さんの施設では、バザーとか、地域での交流が盛んですよね。
    そういう場でご家族とも自然につどいがもてたり、ご家族同士で交流がもてたりしてるのかもしれませんね。

熊本地震により被害を受けられた皆様に、心からお見舞いを申し上げます。一日も早い復興を、お祈り申し上げます。

葉山オハナ        デイサービスセンター

住所 神奈川県三浦郡葉山町

          堀内2184-30

TEL 046-876-0872

FAX 046-876-0860

E-mail hayamaohana@gmail.com

アロハオハナ デイサービスセンター

住所 神奈川県三浦郡葉山町

          堀内2184-29

TEL 046-874-8732

FAX 046-874-8220

由比ガ浜マナ オハナデイサービスセンター

マハロ オハナケアプランセンター

住所 神奈川県鎌倉市由比ガ浜

          1-11-21

TEL 0467-39-6087

FAX 0467-39-6105