はちみつのプレゼント

昨日はスタッフのご家族で、

 

東京から養蜂家のゲストが来てくださいました。

 

元々は愛媛県で養蜂をされていたましたが、

 

約40年前に上京され、都内で蜂蜜屋さんを営んでいましたが

 

現在は小金井公園の近くで養蜂をされています。

 

 

はちみつがどうやって作られるか、

 

女王蜂、働き蜂、オス蜂の役割など、

 

はちみつにまつわる興味深いお話を沢山聞かせてくださいました。

 

女王蜂は一生の間を巣の中で、産卵に専念するそうです。

 

1日に自分の体重に匹敵するほど産卵をする時期もあるそうです。

 

もとは働き蜂も女王蜂も卵の段階では同じだそうですが、ローヤルゼリーを餌として

 

与えられる事により女王蜂となり、寿命も1~2年(3~4年生きることもある)

 

だそうです。

 

一方、働き蜂は産まれて間もなく、日齢に応じ分担作業をしていくそうです。

 

巣の掃除からはじまり、女王蜂の食事の世話、幼虫の世話など。

 

そして最後はいよいよ外に飛び立ち蜜を集める作業です。

 

1度飛び立つと多い時には500~600の花を巡ってお腹に蜜を蓄えて巣に戻るそうです。

 

そんな働き者のミツバチの寿命は、夏の花の盛りにはわずか1ヶ月ほどだそうです。

 

そして1匹のミツバチが一生に集める蜂蜜はわずかティースプーン1杯ほど。。。

 

そんな貴重なはちみつを私達がいただいていることを知ると、有り難さも

 

美味しさも、ひとしおです。

 

ちなみに雄蜂は女王蜂と交尾することが仕事だそうです。

 

ミツバチの世界の奥深さに利用者様もスタッフも感心しきりでした。

 

ゲストである養蜂家の、ミツバチに対する愛情もひしひしと伝わったひと時でした。

 

 

そして、プレゼントには、小金井公園で今年とれた、

 

正真正銘の100%天然の蜂蜜を皆様にいただきました。

 

・柿 ・ゆず ・ゆりの木 の百花蜜

 

・ヤブカラシ ・カクレミノ ・キツネノマゴ の百花蜜

 

それぞれお花によって、味も色も違い、

 

蜂蜜の世界も奥が深そうです。

 

オハナでも、菜園で養蜂をやってみたいのですが、

 

住宅街なので、

 

葉山の山の中でどこかいい場所があったら、

 

是非葉山天然蜂蜜作ってみたいです。

 

柴田yas

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    相模原の風 (日曜日, 16 10月 2011 11:50)


    「へえー!」なんて言いながら、とても驚く話しばかりでした。
    女王蜂は一生の間、巣の中で産卵に専念するとか、一匹の蜜蜂が集める一生の蜂蜜はわずかティースプーン一杯ほど、なんて本当に知っている人は少ないでしょうね。
    そうすると市販されている蜂蜜の値段が安過ぎはしないか、と言うことは純粋ではないのでは?と思ってしまいました。
    どうしてこんな事がわかるのか、とっても不思議!
    思いがけず良い勉強をさせてもらいました。
    蜂蜜屋さんも、小金井から葉山まで良く来て下さいましたよね。

  • #2

    柴田yas (月曜日, 17 10月 2011 11:33)

    相模原の風さん
    コメントありがとうございます!
    僕も知ったときびっくりしましたが、
    ほんと蜂のドラマっていうか、自然の摂理っていうか、
    すごいですよね~。
    一滴一滴味わい方がかわってきますよね。

  • #3

    田中 (月曜日, 24 10月 2011 16:14)

    ブログを見ている人に抽選で当たるのかと思いました^=^

    うちの庭土に何年もミツバチ?が住んでて怖いんですが^^;
    今度対処方法を聞いておいて下さいw

  • #4

    ミステリアスなフラガール (月曜日, 24 10月 2011 20:11)

    ミツバチならいいけれど、スズメバチだったりしたら大変ですね。

    養蜂を最初に始めるときは、巣箱を置いておけば自然と野生のミツバチさんが集まってきてくれるんだろか・・・。ミツバチをどこかから連れてくるとしたら、どうやってここがアナタの新しいお家ですよってわかってもらえるんだろか・・・。などなどいろいろ考えてしまいました。

    ところでハチミツと言えば絶対クマさんですが、kumaさんはご健在ですか?

  • #5

    柴田yas (火曜日, 25 10月 2011 21:27)

    田中さん
    コメントありがとうございます!
    はちみつ、抽選で当てるの、良いですね。
    いただきます!!(^_^)v

  • #6

    柴田yas (火曜日, 25 10月 2011 21:35)

    ミステリアスなフラガールさん
    コメントありがとうございます!
    最初は、蜂を買い求めるか、人からいただいて、巣箱に蜂をいれて始めるみたいです。
    また詳しくは今度直接養蜂家に聞いてみますが、慣れるまで自分の巣箱がどうやってわかるのかとか、不思議ですよね。
    この前テレビで、中国の山奥に蜂を電車やトラックではるばる運んで行って、そこの環境のいい場所で幻の蜂蜜をとる、っていうドキュメンタリーを観たことがありますが、とても奥が深いロマンがあるな~と思いました。
    また後日、はちみつ担当スタッフより、詳細レポートいたしますね。

  • #7

    柴田yas (火曜日, 25 10月 2011 21:37)

    PS.kumaさん頑張ってます。
    kumaさんのデイサービスのホームページも
    リンクいたしましたので、ぜひチェックしてみて下さい。

熊本地震により被害を受けられた皆様に、心からお見舞いを申し上げます。一日も早い復興を、お祈り申し上げます。

葉山オハナ        デイサービスセンター

住所 神奈川県三浦郡葉山町

          堀内2184-30

TEL 046-876-0872

FAX 046-876-0860

E-mail hayamaohana@gmail.com

アロハオハナ デイサービスセンター

住所 神奈川県三浦郡葉山町

          堀内2184-29

TEL 046-874-8732

FAX 046-874-8220

由比ガ浜マナ オハナデイサービスセンター

マハロ オハナケアプランセンター

住所 神奈川県鎌倉市由比ガ浜

          1-11-21

TEL 0467-39-6087

FAX 0467-39-6105