RUN伴+三浦半島2017「葉山編① 横須賀~長者が崎」

 

RUN伴+/三浦半島2017

 

今年も無事に行われました。

 

認知症の方ご本人・ご家族の支援、認知症への理解を深める啓発活動

 

としてみんなでオレンジ色のTシャツを着て走り、

 

襷を繋いでいくイベントです。

 

昨年は北海道~沖縄まで襷を繋げ、今年は地域をオレンジ色で染める、

 

をテーマに、全国的な規模で行われています。

 

昨年逗子市、横須賀市、三浦市、葉山町、の有志で

 

立ち上がったRUN伴+三浦半島。

 

今年は三浦半島を3日間かけて文字通り1周して、

 

地域をオレンジに染めよう!!

 

とのコンセプトのもと、

 

9/9(土)、10(日)、18(月)に

 

イベントを開催いたしました。

 

その中でも、私は、法人の所在地がある葉山町の

 

運営委員として、今回は葉山町内のコースを担当させていただきました。

 

 

 

 

 

1日目、逗子市役所をスタートしたランナーたちは、

 

東逗子~横須賀へ走り、横須賀市役所などを中継し、

 

三浦市まで到達しました。

 

2日目は、三浦市役所を出発し、相模湾沿いを

 

横須賀市まで北上しました。

 

横須賀市の立石公園から葉山町までは、

 

「走るのは苦手だけど、海の上だったら任せてください!」

 

というこの地域ならではの、ウォーターマン達が

 

SUP(スタンド・アップ・パドルサーフィン)

 

に乗って、一路葉山町に襷を繋ぐべくテイクオフしました。

 

メンバーは日頃、波乗りを通じて多職種連携を図る、

 

医療・福祉・介護従事者の集まり、

 

「The Nami-nications」で定期的に集まって波乗りを

 

楽しんでいます。

 

 

 

折しも、当日は南西の風が強めに吹き、

 

横からの風に、パドラーのみなさんは

 

苦心しながらも、無事に葉山町の海の玄関口

 

長者が崎まで到着しました。

 

 

長者崎の岬の先から先は、

 

「葉山つながりプロジェクト」の

 

メンバーによる、親子タンデムSUPチームへ襷をつなぎ、

 

岸部で待つランナーたちの元へ向けて、

 

湾内をこぎ出しました。

 

横風の影響を軽減するため、右側の岸壁に沿って進みました。

 

 

 

母娘、父娘と親子タンデムで力を合わせて岸まで。

 

葉山らしい風景です~( ^^) 

 

 

いつも笑顔の某看護師さんも、海が良く似合ってます。

 

 

(筆者の私と長男です。ライフジャケットを忘れたので、

  浮輪を装着です(^^;)

 

岸辺で待ち受ける、三浦半島ランナー達。

 

中には、1日目の逗子市役所から、

 

50㎞位走り続けている強者も!

 

(強者の一人、RUN伴+三浦半島実行委員長、太陽の家ケアマネージャーの

 玉井さんです。大勢の仲間の出迎えに感極まる場面も。。)

 

 

 

海の上を通ってのRUN伴は、海がライフスタイルの一部になっている

 

この地域ならでは。

 

住み慣れた地域で安心して暮らしていくために、

 

海にいる人たちにもしっかりアピールです。

 

認知症の方が道に迷って海岸を歩いていても、

 

優しく声をかけていきたいですね。

 

 

 

 

長者ヶ崎海岸で、横須賀チームの健闘を称え、

 

みんなで準備運動をして、

 

また葉山町福祉課中川課長よりご挨拶の言葉をいただき、

 

いよいよ逗子に向けて ランナー達が出発。

 

次の中継スポットは葉山町役場です!

 

 

 

葉山コース➁ 葉山町役場ふれあいリレー編へとつづく。

 

 

 

 

熊本地震により被害を受けられた皆様に、心からお見舞いを申し上げます。一日も早い復興を、お祈り申し上げます。

葉山オハナ        デイサービスセンター

住所 神奈川県三浦郡葉山町

          堀内2184-30

TEL 046-876-0872

FAX 046-876-0860

E-mail hayamaohana@gmail.com

アロハオハナ デイサービスセンター

住所 神奈川県三浦郡葉山町

          堀内2184-29

TEL 046-874-8732

FAX 046-874-8220

由比ガ浜マナ オハナデイサービスセンター

マハロ オハナケアプランセンター

住所 神奈川県鎌倉市由比ガ浜

          1-11-21

TEL 0467-39-6087

FAX 0467-39-6105