サーフィンを通したハッピーなまち作り

 

代表柴田は、湘南でサーフィンを通したハッピーな地域つくりを

 

目指して、「~サーファーズケアコミュニティ~Nami-nications」

 

という活動を行っています。

 

メンバーは湘南で医療、福祉、介護の仕事をしながらサーフィンを趣味に

 

楽しむ仲間が集まり、約40名位になっております。

 

毎月海に集まり、一緒に波に乗りながら横のつながりを深めております。

 

3年前から、若年性認知症を発症された鎌倉在住の川名賢次さんも一緒に

 

サーフィンを楽しんでいます。

 

昨年からは、障害者サーフィン2年連続世界チャンピオンの、鎌倉在住

 

内田一音さんの障害者サーフィン支援団体とも、障害者のサーフィン体験会

 

など合同で活動を行っています。

 

 

3月31日日曜日、今年最初のNami-nicationが開催されました。

 

今回のミッションは2つ。

 

① まずサポートをする我々が実際にアイマスクを着用して波に乗り、

視覚障害者の方の気持ちを体感し、どんな声かけ、誘導があったら

良いのか検証すること。

 

② 肢体障害者の方に、安全にサーフボードに乗っていただくために、

ボードにどのような加工が必要なのか検証すること。

 

 

実際にアイマスクを付けてみて、まずどっちが沖でどっちが岸なのか

全く分からなくなること。一度崩れた波が来るのは音で分かるが、

うねりだけで来る場合は、寸前まで分からないこと。

色んな人の声が聞こえて、どちらに向かえば良いか不安な事。

そんな状況を体感した後、海から上がってみんなでディスカッション。

 

今回は内田一音さんをはじめ、視覚障害者部門でお兄さんのサポート役で

世界戦に同行された葭原さん、そして視覚障害者で昨年サーフィンを

はじめてすっかりはまってしまっている福地さんからの意見を

聞きながら話し合いました。

 

また、ボードにどのような加工をしたら肢体障害者の方が安定して乗れる

か、海で試しながら、また実際に板の上で検証を行いました。

障害や認知症があっても、当たり前に波に乗って、波乗りの気持ち良さを

味わっていただきたい、そして人生の楽しみにしていただきたい。

 

そんなシンプルな目的のために、沢山のサーファーが集まり、ビーチで

あーでもないこーでもない言いながら検証。

今後さらにノウハウを構築し、由比ガ浜から世界に発信していく予定です。

 

そんなNami-nicationsは、今年の夏、伊勢志摩の仲間に会いに行く

「夢と希望を繋げるサーフィンプロジェクト」を「希望の灯り」の

皆さまと企画中です。

 

どうぞお楽しみに!!

 

Joy&Hope

柴田

 

 

熊本地震により被害を受けられた皆様に、心からお見舞いを申し上げます。一日も早い復興を、お祈り申し上げます。

葉山オハナ        デイサービスセンター

住所 神奈川県三浦郡葉山町

          堀内2184-30

TEL 046-876-0872

FAX 046-876-0860

E-mail hayamaohana@gmail.com

アロハオハナ デイサービスセンター

住所 神奈川県三浦郡葉山町

          堀内2184-29

TEL 046-874-8732

FAX 046-874-8220

由比ガ浜マナ オハナデイサービスセンター

マハロ オハナケアプランセンター

住所 神奈川県鎌倉市由比ガ浜

          1-11-21

TEL 0467-39-6087

FAX 0467-39-6105